側溝工事

HACCP義務化へ向けて

側溝および集水舛は、常に水や熱水が流れるため劣化しやすく損傷が激しい場所です。

その為、残渣が詰まり害虫やカビなどの発生原因となります。

いままでは、後回しにされていた改修工事箇所ですがHACCPの義務化にともない、設備
投資より先にやるべきこととなってきています。

当社では、側溝の現状等やお客様のニーズなどを考慮し改修工事をさせていただいております。

断熱工事製造メーカーサイト アルバー工業株式会社

「熱交換塗料:タフコート」の大切な指名の一つ、
                                それはヒートアイランド現象を緩和する事

照り返しを抑え、輻射熱を抑制します

〜反射、断熱に依存しないスタイルは既存塗料の追随を許しません。〜

都心部を中心に頻発するヒートアイランド現象。そして日々連続する熱帯夜。真夏の大都市は熱波のベールに包み込まれ、コンクリート建造物やアスファルトからは容赦ない照り返しが襲います。高層建築が立ち並ぶビルの谷間、森林や草原から程遠いメトロポリスは、灼熱の砂漠を彷彿とさせるに違いありません。
「熱交換塗料:タフコート」は独自の方法でこうした劣悪な環境下での反射や照り返しを抑え、輻射熱の抑制を促します。
単に表面温度を下げるだけではなく、実感を伴った快適な温熱環境へと誘います。それは大都市のみならず、あらゆる地域で広範囲に渡り応用できる可能性を秘めています。

永続的な熱遮蔽効果で、ランニングコストの軽減

従来の「反射塗料」は、反射型材料の熱遮蔽効果が、汚れ、キズに伴う経年変化とともに減衰して行くのに対して、
「熱交換塗料」は、太陽光線が塗料の表面に当たると、熱エネルギーが塗膜内で分散、移動と言った化学反応により電気エネルギーとして消費され、温度を低下させることにより、汚れやキズに影響されず塗膜が剥離しない限り、理論上、「半永久的な効果の持続」が可能と考えられています。

外気温 屋根表面温度 屋根裏温度 室内温度
塗装前 32.8℃ 55.0℃ 39.4℃ 36.8度
塗装後 32.7℃ 36.4℃ 32.4℃ 33.5℃
温度差 -18.6℃ -7.0℃ -3.3℃
9年経過後 38.3℃ 35.5℃
佐賀県神埼総合庁舎のプレハブ建屋屋根(118㎡)でのデータ実績

特徴

  • ①反射に頼らない・・・周辺への熱害防止→ヒートアイランド抑止
  • ②汚れに影響されない・・・塗替えサイクルの長期化→長期でのコスト削減
  • ③幅射熱を抑える・・・室温上昇の抑制→冷房の効率化、CO2削減
  • ④冷暖房の効率化・・・消費電力の削減→ランニングコスト削減
  • ⑤表面温度の抑制・・・快適化→熱射病予防に効果的
  • ⑥保温効果・・・寒暖の差を小さくする→構造物の長寿命化に寄与